こころのヨガ

~NPO法人国際ヨガ協会 バッチフラワー研究会~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターオブベツレヘム(2013年4月)


スターオブベツレヘムを使ってみよう

2013年4月号ご紹介のバッチフラワーは、
『スターオブベツレヘム』

ショックや失望に良いです。


短い特徴的な説明としては、
「肉体的、精神的、感情的なショックやトラウマに」


ショックを癒すという事で、
緊急用の『ファイブフラワーエッセンス』や『レスキューレメディ』に
入っています。

また、トラウマにも良く
普段の暮らし、日常的にとても気になる事にも
良いし

普段は思い出さないけれど、
何かの時に、同じような事が起こったり
予感したら、反応する  
などという事にも良いです。


トラウマ
などというと、非常にキツく
ずっとひどい事のように思う方が
おられるかもしれませんが、

人間は、潜在的には繊細ですから
「ちょっとしたこと」の奥には
とても印象深くなっている事もあるので


ちょっとした事に
積極的に使って、どんどん蓄積している
思いや
望んでいない記憶などからのショックは
クリアにする作業をするのは賢いことです。


また、4月号でも話しましたが、
今おこったショックにも
すぐに使うと良いです。



は、


すぐに過去になります。


今起こった事は、
既に過去のショックやトラウマ

でもあるのです。



バッチ博士自身の
スターオブベツレヘムについての言葉を
ご紹介すると

『一時的に大変な不幸せを生み出すような状況の下で
とても苦しんでいる人のためのものです。

重大な知らせにショックを受けたり、
大切な人を亡くしたり、
事故後に恐怖感に襲われたりしたときなどがそうです。

慰められることさえ一時的に拒否しているような人に
このレメディは慰めをもたらします。』


この文章の「意味」において
とても深いスターオブベツレヘムの事が
言われているのですが、

文章を読解するにも
実は、
自分の経験や過去の思いや
感情に依って   それを行うものゆえ


なかなか、
バッチ博士が言われた「意味」において
とらえる事は、
経験が、体験がそれをとらえるまでは
難しいところもあります。


この文章からは、重大なショック
という言葉が印象に残り

「自分ではない」  と
思う人の方が多くなりがちだったり。



ですから、


最初の方の説明を参考に
平たく受け取れる説明によって

どんどん積極的に摂って頂ければ
やがて、やがて
みなさま自身の内から


深い気づきが
みなさまによって起こっていきますよ
               (by阪根)


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ♪

右サイドメニュー

バッチフラワー研究会     2016年活動予定

「バッチフラワー研究会」 引き続き2016年度の活動予定      ★ワークショップ、レベル1勉強会へのステップアップ                          ★毎月一度の勉強会の開催       ★それぞれのフォローアップ    ★研究会ブログにて、           こころのヨガ&バッチフラワー      情報提供                                                                                            

バッチフラワー研究会

代表 松嶌 徹          (国際ヨガ協会・会長)            ★主任講師 阪根美穂      (同協会・師範代/バッチ国際登録プラクティショナー)            ★協力 ㈲マイキ           ★事務局 NPO法人 国際ヨガ協会・内

研究会プロフィール

★2011年03月12日  NPO法人国際ヨガ協会内に  バッチフラワー研究会 発足

バッチフラワー研究会活動

月に一度のこころのヨガ

★毎月(基本的に第2土曜日) ★場所・・・平松会館 兵庫県伊丹市平松(阪急新伊丹駅すぐ) ★費用・・・¥3,000       ¥2,160(教材費:トリートメント用)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。