こころのヨガ

~NPO法人国際ヨガ協会 バッチフラワー研究会~

Entries

どのエッセンスの性質が気になる?


今日は、ちなみに情報をお伝えします


みなさんが自分で選ばれたエッセンス ベスト5

国際ヨガの人たちは、
自分ではどんな性質をしているなぁと感じたか
ベスト5

と言えるのかもしれませんが、

私が、各地の実践会や
トライやヨガ療法士育成過程などに
出講させて頂いた折には、

ぜひ、体験をして頂きたいと思い、
38種類のエッセンスをお持ちし、


・自分はどうもこのような性質が強く、
 バランスを崩した時には困るなぁ
 と自覚される性質のエッセンスの中から
 一番あると思われるものを
「一つ」選んでみる

という事で、

内に向かう意識の練習と
自覚(分析ではなく、意識化できる)の練習として
選んで頂いていました。

自分で思われる
自分の性質の傾向

がそこで現れてきます。


そして、今、この事について
アンバランスになっている
という只中の方には、
それを選んで頂きます。


そんなこんなで過ごしてきて


仙台のヨーガ療法士育成過程に出講させて頂くことの
準備として、
少なくなっているエッセンスを
調達しておこうと
先月思い立ち、
調べていますと

明らかに他のエッセンスと比較すると減っている
5本のエッセンスが発見されました。


①オリーブ
(疲労感がある。特に肉体的な疲労感)

②ホーンビーム
(ものごとを遅らせてしまう傾向。特に精神的な疲労)

③パイン
(自分が悪いと思う傾向。自分を責める)

④ロックウォーター
(正しい事にこだわる傾向。しなければ、こうあるべき等)

⑤チェストナットバット
(同じ事が何度も起こる、同じ失敗を繰り返してしまう傾向)

でした。
この5つの中での順はありません。


実は、先の四つについては
一般的にも、多く自覚され
使われる傾向があります。


特に、
①のオリーブ  ②のホーンビームなどは、
「気持ち」  というよりは
「状態」として選ばれる場合もあり

(本来は、状態ではなく、気持ちの面で選びます。
少し深くなりますが、
前者は分析傾向にあり、後者こそが、自覚=意識化
だからです)

内的な視点があまりなくても
選びやすいので、特に
多く選択される傾向にあるかもしれません。

そして、
③のパイン  と  ④のロックウォーター  は

日本人は、選ばれる傾向が強いものでもあります。


私が意外だったのは、
⑤のチェストナットバットでした。


これは、国際ヨガ協会の方々は、
同じ失敗を繰り返してしまう傾向の方が多い

という意味ではないと思います。


ヨガを普段されている方々なので、
体を通して、
自分の状態を自覚する事に
慣れていらっしゃるからこそ、

ちょっと
自分の精神的な傾向に目を向けた時に

「もっと学びたい」
「もっと、しっかり早く身に着けたい」

と普段されているからこそ


「自分はそうではない」

と自覚されたのではないかと思います。


同じ失敗を繰り返すなぁと
自分を自分で認める事は、

一般的には、少しハードルが高い自覚なのではないかと
私は普段、
こころの視点から人と接したり、
コンサルテーションしたり、
観察していて思います。


でも、
国際ヨガ協会の方たちは、
このような傾向を
自分で認める事ができる方が多いという事だと感心いたしました。
尊敬します。


みなさんは
いかがですか?

私は、
③のパイン  ④のロックウォーターは
結構、頻繁に使います。


先日、友人でもある
ある先生がこんな事をおっしゃいました。

パインの性質で、マイナス面に振れていた時
自分を責めてしまうなぁ・・・と
話しましたら

「自分を責めてしまうけど、
一生懸命やっているのだから
そんな自分を責めたら、自分の魂がかわいそうだ」  と。

その時、パインのマイナスになっていた私は、
胸を打たれ
一瞬でこころの奥に届いた言葉でした。


ちなみに
パインの傾向があるということは、

自分のあやまちを認める事ができ、
しかし、それにこだわったり、くよくよせず、
その自分を受け入れる事ができる傾向が強い
という事です。

一つの出来事から、しっかり学び
また反省して自分を許す事ができ

必要な時には、
喜んで人の荷物を引き受ける事ができる

という事です。

プラスの時には、
このように働く傾向を強くもっている人間だからこそ
マイナスに振れた時に

自分を責めるのです。

できれば、
プラスに働いている事が多いと良いのですが、

なかなかな確率で
マイナスにプルンと触れたりしますよねぇ。



       (by阪根)






スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ♪

右サイドメニュー

バッチフラワー研究会     2016年活動予定

「バッチフラワー研究会」 引き続き2017年度の活動予定      ★ワークショップ、レベル1勉強会へのステップアップ                          ★毎月一度の勉強会の開催       ★研究会員へのフォローアップ    ★研究会ブログにて、           こころのヨガ&バッチフラワー      情報提供                                                                                            

バッチフラワー研究会

代表 松嶌 徹          (国際ヨガ協会・会長)            ★主任講師 阪根美穂      (同協会・師範代/バッチ国際登録プラクティショナー)            ★協力 ㈲マイキ           ★事務局 NPO法人 国際ヨガ協会・内

研究会プロフィール

★2011年03月12日  NPO法人国際ヨガ協会内に  バッチフラワー研究会 発足

バッチフラワー研究会活動

月に一度のこころのヨガ

★毎月(基本的に第2土曜日) ★場所・・・平松会館 兵庫県伊丹市平松(阪急新伊丹駅すぐ) ★費用・・・¥3,000       ¥2,160(教材費:トリートメント用)