こころのヨガ

~NPO法人国際ヨガ協会 バッチフラワー研究会~

Entries

マスタードを  もう少し


マスタードは、ちょっとした憂鬱さから
思い憂鬱や   長い憂鬱さなどにも使えますが

バッチ博士のオリジナルの説明を掲載してみます。

『憂鬱な気分や、
時には絶望的な気分さえが、まるで冷たい雲のように覆いかぶさり、
人生の光や喜びを隠してしまうように感じる人のためのものです。

なぜ、ふさぎこむのかその理由がわからず、
説明をする事ができない事もあります。

このような状況下では、幸せそうに振る舞ったり、
楽しそうにする事はほとんど不可能です。』


というような性質が中心になっています。


この文章の中で
ぴったりではない事があったら、
自分ではないと思うより

共通性があったら、積極的に使ってみて欲しいレメディです。



なぜなら、マスタードの性質と言うのは
大変、苦しい状況のこころだからです。


具体的な
何かをどうかしたら、何とかなる
何をどうしたら 解決する

という事と直接つながらない

本当に時に気持ち的なものなので
苦しいのです。


ヨガ的に言うと
無知の闇の中にいる苦しさともいえますし

鈍性のものなので、
気持よく過ごすには、

もう一段階
積極性に切り替えてから

それから、
さわやかさにつながっていくので


そうではないかもしれない
なんて言う間に
どんどん

ちょっとでも元気がない
憂鬱
ブルー

なんていう時には


すぐに
マスタードを活用していただけるのが良いと思います。


様々な事が入り組んでいて
単純ではないですからねぇ
特に最近なんて


何が原因なのか
何で

なんてわからなくても
用意に

すぐに

私たちは憂鬱になります。


だから、

もう
すぐにマスタード!!!

活用してくださいね



(by 阪根 美穂)





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ♪

右サイドメニュー

バッチフラワー研究会     2016年活動予定

「バッチフラワー研究会」 引き続き2017年度の活動予定      ★ワークショップ、レベル1勉強会へのステップアップ                          ★毎月一度の勉強会の開催       ★研究会員へのフォローアップ    ★研究会ブログにて、           こころのヨガ&バッチフラワー      情報提供                                                                                            

バッチフラワー研究会

代表 松嶌 徹          (国際ヨガ協会・会長)            ★主任講師 阪根美穂      (同協会・師範代/バッチ国際登録プラクティショナー)            ★協力 ㈲マイキ           ★事務局 NPO法人 国際ヨガ協会・内

研究会プロフィール

★2011年03月12日  NPO法人国際ヨガ協会内に  バッチフラワー研究会 発足

バッチフラワー研究会活動

月に一度のこころのヨガ

★毎月(基本的に第2土曜日) ★場所・・・平松会館 兵庫県伊丹市平松(阪急新伊丹駅すぐ) ★費用・・・¥3,000       ¥2,160(教材費:トリートメント用)