こころのヨガ

~NPO法人国際ヨガ協会 バッチフラワー研究会~

Entries

NPO法人国際ヨガ協会 バッチフラワー研究会

★バッチフラワー ミニ勉強会や体験会が各地で開催できそう♪★ 随時、お知らせしていきます♪♪♪                          

スルーしていたレメディをとり始めた

昨日
私が個人的にしているセラピーの場で
改めて、私もとってみようと思ったレメディがありました。

私のしているセラピーは
アーユルヴェーダもありますが
他に、無駄な思考を
脳というデバイスを通じて抜いていく  というタイプの
ものがあり

そのプロセスで思考、感情の変化を感じ取って
どんどんコンサルテーションしていく
という独自の手法をとっているのですが

びっくりするほど、
自分ではたどりつけない自覚に楽にいきつくようで
クライアントさんは、長い道のりがないと
わからないような事が、こんなに短時間でわかったと
言われます。

という事は、
私たちは、こだわっている場合じゃない という事です。

新しい発見を、探求をこばんでいる場合じゃあないという事です。

そうは思いたくない
隠したい

という思いが、自己発見を自覚を邪魔するからです。

私には私の性質があり、
そういう傾向がありますから、いつも
騙されないぞ!
隠されないぞ!   と思いながら 自分を探ります。

でも、いつも探られていたら
とても嫌な時もありますから、時折
知らんぷりをしてやります。
うすうすわかっていながら、知らんぷりをしてやります。

でも、ヨガ的こころの探求を習慣として
慣れていると

こころの方から
居心地が悪くなって、チラチラ「ほんとうはな」  
と見破らせようとしてきたりします。

だから、氷が薄い点箇所を見つけたら
ペリッと静かに割ってやります。すかさずです!
そう、すかさず!!

昨日は、クライアントの方に
チェストナットバットが良い働きをしそうな予感がありました。

私はチェストナットバットはほとんど普段とりません。
なぜなら、さきほどの説明のように
すかさず、新しい体験として、その場の経験を受け入れる傾向を
持っているからです。

でもね
だからこそ、その傾向が滞った時には
すごく不調になるのだと思うのです。

滅多にとらないものこそ、
自分をすごく助けるものだ  という事もあるので
よし!  私こそ、チェストナットバットをとろう  それに気づいたのだから
と思いました。

そして、ヨガを含めてセラピーをする中で
エネルギー的にまじり、しんどくなっても、やむを得ないと
ずっと思ってきている事にもあらためて気づいて
ワイルドローズをとる事にしました。

そして、めったにとらないものは何か
と思い
それプラス  今とっていたものとくわえて

昨日から
チェストナットバット
ワイルドオート
ホーンビーム
ワイルドローズ
スターオブベツレヘム

をとっています。

いいんじゃないかと
とった瞬間に、普段と違う変化を感じました。

今朝なんて
いつも、朝が   かわいそうなくらいしんどい私が
早起きできてしまうくらいでした






スポンサーサイト

枇杷温圧勉強会でのプチ講義報告


枇杷温圧施療士の育成過程でのプチ講義は
昨今様々なセラピーや療法をされる方々が
それにプラスされる事が増えてきて

温圧施療の顧問の方も
最近知って使い始められていたらしく
とてもよく働くので
こんないいものがあるんですよ!!
と講義の中で、紹介された経緯もあったのではないかと思います。

実は協会では十数年前から取り入れているし
国際登録プラクティショナーがいるのだから、
それについては、プロがいますから

みたいな事で、機会ができたのだろうと思います。

こころというのが、
どのような関係性で、身体と結びついて在るのか

様々な療法の根底には
一人一人別の原因がある事を知る必要性

症状や病気や不調が一致していても
一人一人の原因が違う事

そもそも、その原因というのが
こころの層で起こっている事

バッチフラワーのそれぞれの性質

個性美学的に同じ体質
同じ自律神経の働きの傾向をしていても
その奥に、それぞれの精神的なタイプがあるので
さらなる分類から見ると
性質の傾向がそれぞれ違うこと

その性質が違うと
行動の仕方が全く違うこと
動機が異なる事

療法的にクライアント様に使う場合
もう少し深い、バッチフラワーそれぞれの
傾向と性質の説明

また、、療法士が
自らのエネルギーを保護する事の大切さ

場のエネルギーを整える事の大切さ

施療士、クライアント様
両方が、よりよく働きのできるため
ECシリーズをどのように使うと良いか

等々を
1時間半の間に
できる限り実例をとりながらお話ししました。

一例としてボディーマップを資料として
先日のエルムが体に現れ
それをプラスした方が、より楽になった
私の例や、顕著な私の生徒さんの話などの
具体例を取り入れながらお話ししていましたら

ある先生は
自分の不調な個所が、全てミムラスの反射の場所だ!
と発見されて
すぐにミムラスを求められていましたし

ECリフレッシュスプレーが
いかに、手軽に場のエネルギーを良い香りと共に
良くできるか
ということで、いきなり詰め替え用から欲しいと
おっしゃった先生が何人もおられ

さすが、長く施療されている先生方は
よく体験的に感じていらっしゃるのだなぁと
敬意を持ちました。

これからも、チャンスがあれば
どんな機会でもお話ししさせて頂きたいです。



枇杷温圧療法士勉強会にてバッチのプチ講座


明日は
関西の枇杷温圧療法士勉強会で
バッチフラワーの療法を参考にお話しさせて頂きます。

資料をそれ用に作成してみた。

バッチ博士も言われていますが
人類は、太古より植物を使って病をいやしてきた。

枇杷の葉の成分をお灸によって
より効果的に使う、
ヨガ協会の枇杷温圧療法も 
植物療法ですね。

養分や成分をより早く、深く経絡を通じて人体に届ける

バッチフラワーは、
養分や成分より、さらに微細な情報なので人体を通して
原因体(こころ)に働きかける

温圧施療のクライアントさんが、バッチフラワーを
とりながら、施療をしてもらわれると
外から身体から、
内からも植物療法ができます。

また、大切なのは、施術者が
いつも、オープンであれるくらい良い状態であれるよう
普段から、自分の内面を自己管理している
こころの体力を十分につけた

精神エネルギーが充足した状態であれるよう
日々、整えている事でしょう。

という事をあわせてお伝えして来ます



10月26日の内容の続き



10月 26日にとったレメディを
どれくらい飲んだかと言うと
5日間はとりました。

表面の波はすぐにおさまります。
多くの方は、これで大丈夫と思われると思います。

でもね、感情というのは 記憶と密接です。

ですから、
ふと、思い返す   ふと、思い返す
という事が続く間はとりました。

思い出す事によって浮き上がってくる傷にも
まさに、スターオブベツレヘム

最近の私は
是か非かではない、三番目というよりは
本来、一つのこたえ
というヨガの捉え方で、

まだ、うやむやになっていた部分が
また、やりやすくなっていたので
5日間くらいで、自分のとるべき事に
スッキリ戻れました。

スターオブベツレヘムは、
傷が残りにくいし、速く直る



今、こころの波が…さてどれを飲もうか

まさに今
こころが波だっている。

少し前に、波立つ話を聞いた。

バッチフラワーを持っていると
「さて、どんな感じか。
さて、何を飲んだらいいかな。」


自分をすぐに探求できるし
それに対して働いてくれるレメディもあり
いいです。つくづく、いい。

探求している間に
すでに波が、緩やかになってきた。
これは、まさにヨガ。

でも、ちゃんと飲むのがよい。

傷は傷。

しっかりケアしないと、残ってたまって
後に体に変調をきたすから。

さて、どんな気持ちかと言うと

今までずっと、思いやって思いやって
注意してきた事案があった。

ある空気がわからない人
筋道がわからない人がいて
周りを巻き込んで混乱しないように

ある人も、周りの人も思い
注意を言ってきた。

それが、
何を思いやってしているのかも
わからない人に、
意味があってしていて
それで、沢山のトラブルを回避してきたが

そこが見えていない人に
なぜ、注意するのか

その人の事をわかってない
と私の事を言われていたらしい事がわかった。

が、現在
問題を起こしているのは
その二人
その現在の問題をみこしていたから
注意してきていた。
私自体は、問題の渦中にない。

私のこころの反応は

・見えてなかったんかい!
・トラブルの種もわかってなかったんかい!
・何も見えてないのはそっちやのに、
わかってないから問題起きてるのに、
こっちがわかってないやと?!
シバくぞ!!
・情けないは…一生懸命やってきたのに…
・骨折り損やわ
・ここまで来たらアホらしいな。知らんわ
・なんで、そんな事言われなアカンのじゃい


こんな感じが湧いてきた。


さて、
何を飲んだら良いでしょうか?😁



①とにかく、ムカついていますよね。
ホリーと言いたいところでしょうが、
見えてないのか?わかってないのか?
というところき腹がたっていますから
ホリーをとるにしても、メインは
ヴァーベインの気持ちみたいですね。
それが、シバくぞ!的にも発展してるから、
ホリーは飲む方が楽になりそう。

②情けないわ、骨折り損や
というのは、一生懸命やってきたのに、なんで
こんな目に合わなければならないんだ!
という事ですから、ウィローが良さそう。
しかし、理不尽である!という感覚でなので
やはり、ヴァーベインがらみ

③傷ついています。やはり、何にしろ傷ついてい
ますから、スターオブベツレヘムは、飲んでやり
ましょう。

さて、
こうして探求、整理されたら
ほぼ波はなくなり、気分の悪ささえ
かなりなくなりました。

この探求部分自体が
こころのヨガ

気分がかなりおさまっていても、
飲むのが、ちゃんとしたケア

こころと体の負担をなくすケア😊

さて、飲んで見よう。

・・・時間経過して・・・

さて、
飲んでみて、湧いてきた気持ちは


私は、問題の種をあらかじめ察知していたから、その人も周りも思いやって、働きかけていた。
適切な事を、ただ、ただ、
蔭になってしていた。
それは、よきことさ。

ただ、わからない人にわかられないからと言って悲しい気持ちはあるが、
わからなかったからこそ、今、その人達はトラブルになっているのだ

それが事実としての結果

結果が事実であり証明。
そこに感情を入れて、よき事をした事を
ブレさす必要はないは。

理解されたい動機でした事でないしな。

こんな風に変化しました😄


ヨガの探求とバッチフラワーがあって良かった~

左サイドMenu

最新記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ♪

右サイドメニュー

バッチフラワー研究会     2016年活動予定

「バッチフラワー研究会」 引き続き2017年度の活動予定      ★ワークショップ、レベル1勉強会へのステップアップ                          ★毎月一度の勉強会の開催       ★研究会員へのフォローアップ    ★研究会ブログにて、           こころのヨガ&バッチフラワー      情報提供                                                                                            

バッチフラワー研究会

代表 松嶌 徹          (国際ヨガ協会・会長)            ★主任講師 阪根美穂      (同協会・師範代/バッチ国際登録プラクティショナー)            ★協力 ㈲マイキ           ★事務局 NPO法人 国際ヨガ協会・内

研究会プロフィール

★2011年03月12日  NPO法人国際ヨガ協会内に  バッチフラワー研究会 発足

バッチフラワー研究会活動

月に一度のこころのヨガ

★毎月(基本的に第2土曜日) ★場所・・・平松会館 兵庫県伊丹市平松(阪急新伊丹駅すぐ) ★費用・・・¥3,000       ¥2,160(教材費:トリートメント用)